中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

自分を信じて職場のデスクトップ壁紙を選ぼう。~思考は現実化する~

  Windows10になってから芸術的な写真がいろいろデスクトップ背景に設定されるようになり、たまに目新しい写真にになると、いい写真だとおお!さすがプロの仕事は違うね。と思うのである。しかしWindows10になるまでは殺風景な背景であったので自分にあった壁紙を設定することにしていた。今年からの転職先ではまだ、Windows10のデフォルトの壁紙を使っているのだが、そろそろ本気を出していい時期だろうと思い壁紙の検討を行うことにした。その前に自分が就職してからの壁紙全史を振り返り、今後の方向性を明確にしておきたいと思う。

1.入社時

 当時はグラビア写真集の収集が趣味でそれをスキャナでパソコンで眺めるというのが趣味であった。当時はセクハラに対してそれほど厳しくなかったこともあり、壁紙にグラビアアイドルを週替りで設定するのが習慣であった。客先に常駐していたのでお客様からも画像提供依頼が時々あり、それをきっかけに仲良くなることで仕事が円滑に進められる効果もあった。グラビアアイドルに熱を上げていた私は結婚適齢期を逃すことになり、その後も逃しっぱの人生を送っている。

2.ブラック職場時代

f:id:norihiko_matsumoto:20190120130247j:plain
お天気がエロ
f:id:norihiko_matsumoto:20190120130338j:plain
うんこくさい
f:id:norihiko_matsumoto:20190120130420j:plain
ライダー
 入社して7年ほど立つと子会社に出向となり、年間残業1400時間を5年間送る生活に突入した。そんなブラック職場だったが、なぜか女性比率が高いのでグラビア写真を壁紙にして「あの人、アイドルおたくなのかしら。いやらしい」と言われるのが恥ずかしくおもしろ画像を定期的に2chで探してきては適用していた。過酷な職場に少しでも笑いが欲しかったのである。そのおかげかリーマン・ショックによる職場崩壊まで無事に過ごすことが出来たのである。

3.管理職時代

f:id:norihiko_matsumoto:20190120130640j:plain
やれよ!
 ブラック職場時代を過ごしてきた私は、それなりに自信をつけ管理職となり今まで以上に仕事に邁進していた。そうすると今まで集めていたおもしろ画像の中でノッポさんの画像が最もしっくりしており壁紙に設定した。この頃からデュアルモニターを使用しており、両方のモニターに同じ画像を設定していた。このセリフを愛用していた私は部下からの上司評価で「独善的な上司で部下の意見に耳を貸さない最悪上司」という評価を食らった時期である。

4.働き方改革時代

f:id:norihiko_matsumoto:20190120131250p:plain
インド人も帰りたい
f:id:norihiko_matsumoto:20190120131622p:plain
明日は月曜だ
 そんな評価を食らったことと、会社が働き方改革に舵を切ったため私も壁紙画像を変更せざるを得なくなった。会社の方針で残業管理が厳しくなり、社員たちも早めに帰りだした。しかし管理職の私は仕事が山積みで仕事が減るわけでもないので早く帰れない状態である。そんな時に知ったのが「#全日本もう帰りたい協会」であった。画像職人たちの素晴らしい作品が心の琴線に触れ、協会の画像をデスクトップ背景に使用し、それが行き過ぎてしまった結果、会社を辞めるまでに至るのである。

5.今後のデスクトップ壁紙戦略

 こうやって振り返って見るとデスクトップ画面の壁紙に何を設定したかによって、人生の方向性が決まってしまうことがわかるのである。もう少しこの分野の研究に日本は取り組むべきではないかと思うのだが、そんなことは置いておいて新しい会社ではどんな壁紙を設定するかが重要だ。新しい職場で毎日定時帰りの私が「#全日本もう帰りたい協会」の画像を使うのははばかられる。できればポジティブなイメージを使用したいものである。

ポジティブなイメージと言えば・・・・

f:id:norihiko_matsumoto:20190120161327p:plain
元気!

松岡さんしかないか。これで行こう。

2019/1/21 追記
松岡さんの壁紙ですが、あまりにもインパクトが有りすぎ周りの視線に耐えられませんでした。何か別のを探すか。

スマホの壁紙についても変更することを記事にしました。もしよかったら御覧ください。

www.norick-matsumoto.com