ノリックのIT生産性向上、ライフハック、プロマネのお仕事備忘録

IT系の仕事の事とか役立つツールとかプロジェクトマネジメントの事とかを記載していきます。

確定拠出年金の移行先をどの証券会社にするか?

転職したことによって前の会社では確定初出年金の制度があったが、転職先では無いためIDECOへの移行が必要になった。どの金融機関がよいのかなぁと考えながらとりあえず今運用してもらっている三井住友信託銀行に電話した。

f:id:norihiko_matsumoto:20190209231103p:plain
確定拠出年金

IDECO選びにおすすめサイト

コールセンターの人によると、とりあえずどこの金融機関にするか決めて資料請求をしないと移管が出来ないとのこと。こうしている間にもIDECOの節税チャンスが失われているわけで早く口座を開いてしまいたい。失礼ながら
「どこがおすすめの金融機関ですかね? 」
と思い切って聞いてみた。するとイデコナビで選ばれている方が多いようですと親切にもおすすめサイトを紹介してくれたのである。

www.dcnenkin.jp

選択方針

長い期間運用することになるためコスト重視である。過去にアクティブ運用の投信で痛い目を見たことがあるため、運用手数料がなるべく安いインデックス投信を選択する事は決めている。また、日本の株式市場にも悲観的なため、投資対象は外国株を投資対象とする投資信託である。
今までの運用成績を晒してしまうと以下のような結果である。

f:id:norihiko_matsumoto:20190209224329p:plain
確定拠出年金運用成績

自分で日本株の個別銘柄を売買するよりも受かっている。これに節税効果が年8万ほどあるから実際の利益は更に増える。IDECOをやっていない人には勧めているのだが、預金主義の日本人にはなかなかわかってもらえない。

選択結果

f:id:norihiko_matsumoto:20190209224713p:plain
外国株式手数料ランキング
1. SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド
直近昨年は年末株安となったので▲10.87%リターンとなっている。

  1. eMAXIS Slim先進国株式インデックス
    こちらも直近のリターンはマイナスで▲10.15% となっていた。

自分は楽天カードを使っているのでポイントが付くようなイベントがあれば楽天カードを選択したが、特に無いのでこの時点で楽天証券は消える事になった。
松井証券は投資信託のサービス歴が浅いため、対象から外した。そもそも口座を持っていないのもあるが。
SBIかマネックスか。趣味の問題だが、マネックス証券のチーフアナリスト広木氏が好きなのでマネックスにすることにした。この広木氏は自分の予想と違う株価になると毎度毎度すごい言い訳を考えてきて笑えるのでどこか憎めないのである。テレ東のモーサテにたまにゲストで出ているのと木曜日に自社のサイトでライブ配信を行っている。

広木氏も言っているが日本のマーケットを信じられない。

media.monex.co.jp

成熟している海外市場で投資したほうが良いのかなと思っています。
と言いつつ日本株の取引もやめられないのですが。