中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

ViewカードでApplePayのスイカにチャージしたらポイント3倍。ポイント率1.5%。だが、しかし!

本日の日経新聞朝刊に広告が載っていた。4/30までApplePayに登録したSuicaへのチャージでポイントが3倍になるそうだ。

www.jreast.co.jp

 

 

Suica

Suica

だがしかし!

 岡山に引っ越しをしてからというもの、Suicaを使う機会がめっきり減ってしまった。岡山はJR西日本管轄なのでIcocaなのだが、それも含めて使える場所が少ない。東京ではiphone7からはじまったApplePayでSuicaを使うようになってから、電子マネーと言えばSuicaだけで100%決済していた。それまで使っていたEdyは全く使わなくなってしまった。病院ぐらいだろうか、現金しか受け付けてくれないのは。

 ところが岡山ではSuicaで決済できるところが驚くほど少ない。JRの駅にある自動販売機ですらSuica(Icocaも含めて)が使えない。

 

Suicaが使えるところ

  1. コンビニ
    流石にコンビニは交通系電子マネー全てに対応したレジを使っているので利用できる。ただ店員が岡山県民のためSuicaに馴染みがなく「Suicaでお願いします」というと「え!、Icocaはお持ちではないですか?」「いや持ってないです。ApplePayなのでSuicaです」というと「店長!」って決済に手間取ることがあったので、Suicaでとキョドった店員がいたら「Icocaで行けるから」と自分で言うようにしている。
  2. JRの改札のみ
    JRの改札はさすがに使える。しかし大都会岡山駅にある自動販売機ですら現金のみの自販機があるから小銭を持っていなくて次の電車まで15分という時にコーヒーを飲みたいのを我慢する必要があるため、財布に小銭か千円札を絶えずストックするという無駄な気を使う必要がある。

箇条書きにする必要もなかったかもしれないが、思いつくのは以上である。

Suicaが使えないところ

  1. 天満屋系
    地元の小売グループである天満屋系のスーパーやショッピングモールにおいてSuicaは使えない。Edyが使えるので数年ぶりにEdyにチャージをして使うようになった。
  2. イオン系
    田舎は本当にイオングループに支配されてしまっているのか。というか田舎はイオンしか行くところが無いせいかもしれないがイオンにいくとWAONしか使えない。やむを得ないのでQuickPayで支払いをしようとしたがタッチする端末が遠くにありFaceID認証とか無理ゲーとおもってPinナンバー入れたり、店員さんもQuickPayの客は少ないらしくオロオロしたので余計に時間がかかってしまった。名前からは気づかなかったが、家の近所にあるドラッグストアが3件ともWAONのみ可能という徹底ぶりである。イオンの息がかかったドラッグストアなのだろう。WAON系クレジットカードを作ろうか悩みどころである。

  3. その他個人商店
    当然無い。現金Only、PayPayキャンペーンとか遠い夢である。

現在のSUICA利用状況

岡山に引っ越して一ヶ月のSUICA利用状況は1万5千円であった。東京では多いと5万円は決済していたと思うが、コンビニで定期的に利用するのでこのキャンペーンに乗っかって上限までチャージしておこうかと思う。