中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

Kindle fire でファイル共有をするのにどれが良いか検討したのでまとめてみた

勝間式Kindle読み上げ読書をするために購入したKindle Fire10だがKindleの読み上げ機能でしか使うことが無い。何か他に使い道はないものかと検討している。なにをするにしてもファイル共有が他の端末と出来ないとどうにもならんぞと思い、Kindle Fireでフィアル共有が可能なサービスはなにがあるのか探してみた。

 

 

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 64GB

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 64GB

 

現在利用中のファイル共有サービス

  1. DropBox
    無料2GB。端末間をまたいでみても反映されるのが速い。

  2. Adobe Creative Cloud
    有料980円/月 20GB。写真がメインで利用。

  3. Microsoft One Drive
    無料5GB。端末間の反映が遅い。PrintScreenでスクリーンキャプチャを比較的安定して保存してくれている。Windows使っているので勝手についてくる。

  4. Google Drive
    無料15GB。Google DocumentやGoogle Spreadでファイル保存をすると勝手に書き込まれている。普段意識して利用することはない。

  5. iCloud
    無料5GB 。iPhoneのバックアップのみに使用。すぐに容量が枯渇する。

  6. Amazon Drive
    無料5GB。 Kindle Fireに最初からインストールされている。

KindleFire10で利用できるサービス

Kindleで利用できるアプリが意外にも多かった。ちなみにGooglePayを利用するなどのカスタマイズはしていない。あくまでAmazonの純正アプリとして用意されている物を基準に選定している。

  1. DropBox
  2. Microsoft One Drive
  3. Google Drive
  4. Amazon Drive 

自分が一番利用しているのはDropBoxである。端末感の反映が本当に速い。Amazon Driveに期待したいところだが、Windows PCからみるとエクスプローラーに統合されておらず、操作性がイマイチである。

 

DropBoxでええかぁと思いログインする

アプリを立ち上げてあれ?と思った。

Kindle Fire DropBox

Kindle Fire DropBox ログイン画面

いつものGoogleでログインするというボタンが無い。。

早速ログインでお困りですか?のリンクを押して何かヘルプがないか探すがまったくない。ん~~。

仕方ないのでいつものGmailのアドレスで新規ユーザー登録をしたらいつも使っているアカウントに紐付けられました。小一時間の時間を浪費してしまった。

 

ファイル共有できたのは良いけれど

使いみちが思いつかない。orz

カフェにでもいって音読に向かない本をKindle Fireで読むか。でもそれならファイル共有で四苦八苦する必要なかったな。