中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

写真をブログに載せるならProdibiか、はてなフォトライフのどちらが良いか。

ProdibiというWEBサービスが素敵だなと思って使い始めたが、最近はWEBページの速度にもこだわるようになり、高解像度の写真よりも容量のすくない画像を使うことが多くなった。だがしかし!、旅行に行った時の写真等は高解像度のまま仲間に届けたいということもありProdibiをつかうかそれともはてなブログでやっている以上、はてなフォトライフを使うのが良いのか検討してみた。

 

core.prodibi.com

  対決

f.hatena.ne.jp

 

1.速度

速度テストをするに当たり2つのページを作成した。なお、埋め込んだ画像は首里城に観光に行った際にiphoneで撮影したjpgファイル6.52MB・解像度4752px × 3168pxである。 

Prodibiで画像を埋め込んだページ

https://www.norick-matsumoto.com/prodibi_sample

 

はてなフォトライフで画像を埋め込んだページ

https://www.norick-matsumoto.com/normal_sample

 

これをPageSpeed Insightsで計測した。

計測結果

testmysite

Prodibi モバイルの計測結果

 

Prodibi PCの計測結果

 

testmysite

はてなフォトライフ モバイルの計測結果

 

testmysite

はてなフォトライフ PCの計測結果

速度でははてなフォトライフが優勢のようである。

 

 

使用条件

はてなフォトライフの場合、オリジナルサイズの画像を保存しておいてくれる。ただし、長辺10000px、容量10MBまでである。無料で一ヶ月300MBまでとなっている。

http://f.hatena.ne.jp/help#upload

※画像ファイルはjpg/jpeg/gif(アニメーションGIF含む)/png/bmp形式に対応し、1枚の画像は長辺10000px、10MBまでに対応しています。

 

 対してProdibiだが無料の場合、画像サイズに関する制限を見つけることが出来なかった。ただ、一番安いStarterプランの場合、「RESOLUTION UP TO 1 GIGA PIXELS」と書かれている。1ギガピクセルって。。良くわからんがとにかくすごそうだ。無料で100画像登録可能となっている。これは写真愛好家の人にとっては少ないだろう。最高傑作の写真を上げるしか無い。

見た目

はてなフォトライフの場合、画像をクリックすると

TinyPNG

はてなフォトライフの場合

 すると全画面で表示可能なサイズまで拡大される。

 

http://f.hatena.ne.jp/norihiko_matsumoto/20110402152610?key=8oeVITJfobK3UZq5

とりあえず最大サイズとフルスクリーンの2パターンしか表示されないのでいまいちである。

それに対してProdibiの最大の魅力は段階的にズームインしたりズームアウトしたり出来ることである。よく言うヌルヌルである。これは言葉では説明しづらいので試していただくしか無い。しかし画像100枚が無料枠というのは少ないなぁ 

 https://www.norick-matsumoto.com/prodibi_sample

 

これは私の主観だが、Prodibiで見るほうが写真の魅力が引き出されていると思う。

しかしここまで比べるとAmazon PhotoとかGoogle Photoも気になるな。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。