中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

Netflixでコンマリにつづいてライフハック系の番組が始まる。Losers 失敗が教えてくれること

ネットフリックスでライフハック系の番組が始まった。なかなか面白い。

www.netflix.com

 

まだ、三話ぐらいしか見ていないがスポーツ選手の挫折した時のことを取り上げている。でも結局ハッピーエンドで終わっている。失敗から学ぶことをテーマにした番組なので失敗しっぱなしの人は流石に取り上げにくいということだろう。

 

人生の負け組を自負する私だから感情移入できるのかもしれんが、なんかブログやっている人は鬱病の人とか会社をやめちまった人とかそういう人が多いのではてな民には向いている番組だと思う。

 

そう言えば私ごとだが、先日新人研修の講師を仰せつかった。1月に入社したばっかりでパッケージの仕様を説明しないといけないのだが、全く自身が無い。思えば、若いときはリクルーターとか新人教育担当とかやりたくて直訴してもやらしてもらえなかった。

「君には向かない」

というのが上司からの評価だった。

「んなぁこたぁねえよ!」

と思ったが、十数年後に管理職になったとき部下からの評価は散々で「自己中心的上司」、「部下の意見を聞かない」という評価をくだされた。その時に「あぁ、だからあの時の上司はお前には向かないって言ったのね。さすが人の上に立つ人は見る目あるな」と思ったものである。そんな私も数々の挫折があり、今ではすごく丸くなり人当たりがよくなったと自己評価している。それで今日びっくりしたのがデスクランチをしていたら新人くんから(といってもあと少しで旧人だ)

「明日昼ごはん一緒にいきましょう!」

と誘われたのである。なに! ここ何年か誘われたことがなかったので明日は彼らにごちそうしてあげよう。そう言えば購読しているまのさんの記事で毎日新しいことを一つしようっていっていたか。彼もその記事を呼んだわけではないだろうが。明日昼ごはんをごちそうするのは転職して初だからこれで明日の目標はクリアできそうである。

www.manochang.com