ノリックのIT生産性向上、ライフハック、プロマネのお仕事備忘録

IT系の仕事の事とか役立つツールとかプロジェクトマネジメントの事とかを記載していきます。

鬼速PDCAで使えるかもと思った、HabitHubだけど結局使わずGoogle Spreadに戻る

www.lifehacker.jp

 

ライフハッカーの記事を見ていて、HabitHubは自分がやっている鬼速PDCAをスマホでできる良いツール何じゃないかと思った。で実際帰ってきて試してみたのだが、ちょっと試してみてやっぱりGoogle Spreadでの管理のほうが自分にはあっていると感じた。

 

 

鬼速PDCA

鬼速PDCA

  • 作者: 冨田和成
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016/10/24
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 HabitHubがイマイチと思った理由

HabitHub

HabitHubの一覧画面

上のキャプチャを見てもらえばわかるが一覧で見ると一画面で見られるのは6つか7つぐらいだろう。一覧参照する時に見える数が少ない。それに比べてGoogle Spreadだったら一か月分すべてのタスクの実施状況を一覧で照会できる。タスクが15個ぐらいあっても大丈夫そうだ。(モニターの大きさによるが)

Google Spread

鬼速ルーチンシート

また、私がルーティンを振り返りするのは朝起きて前日の実施状況の確認と今日の目標を決めるようにしている。一日に一回チェックするだけなのであまりリマイダーやアラームが鳴るような機能は煩わしい。まあ使わなければ良いだけなのだろうが、それでも入力欄があるのでそれを設定することも時間の無駄だ。

 

ルーティンワークではない、今日の仕事のTODOやいつかやろうというぼやっとした目標は小鳥遊さんが紹介しているタスクペディアのほうが使いやすい。仕事中もPCで見ながら忘れているタスクを思い出したり、ふと思いついたアイデアを記録するようにしている。スマホだと仕事してないっていうふうに思う人がいるんだよねぇ。

hochebirne.hatenablog.com

 

でもHabitHubにも良いところもある

進捗状況をおしゃれなチャートで表示してくれるのは良いなと思った。それだったらSpreadでチャート作ればええやん!と思ったが、いまいち綺麗なグラフが出来ない。

ここに出すのも恥ずかしいグラフになったので、これなら見せないほうが良いだろうとそっと削除した。

チャートでデザインって難しいんだよな。こういうときにはツールに頼るのがよいかな。データ連携させようとすると有料プランか。。

ORZ

 追伸:どうでもいいけど名前はGithubからパクったよね。