中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

わい、新人研修の教官なる。慌てて人材教育の本を斜め読み~自分の頭で考えて動く部下の育て方~

 くっ! プレゼン大会への出場というミッションを与えられたと思ったら新人研修の教官もするように命令されてしまった。最初にやっているプロジェクトが前倒しで進められてちょっと余裕こいていたのは確かである。テストを自動化する検討をして更にストレスフリーの会社員生活を送るつもりだったのに予定が狂ってしまった。

 中小企業である当社でも新入社員が3人入社してくれるそうだ。この売り手市場の中でどんな優秀な人材を獲得できたのか楽しみである。しかし、教官となるからには何らかの準備作業をしておくべきだろう。金と時間は無い。とりあえずKindle Unlimitedで読める本で「新人研修」で検索して一番最初にヒットした本を読むことにした。

 

 

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書

 

 

別に上司一年目でもないが、新人教育を担当させてる事で若手社員の指導 をしたことはあるが、自分が新人教育をするのは久しぶりである。実に入社2年目のときに新卒配属をされた一年後輩を指導して以来の22年ぶりである。やっと採用できた新人を私のせいでやめさせてしまっては私の評価にも関わることであり、プレゼン大会よりはこちらのほうが責任重大な気がするのである。現場配属されて新人教育で何を教えたんだ!と配属先で文句が出ても私の評価に関わる。ということで新人教育について本を読みながら研究しておこう。

 

まずは目次に目を通す

全部を熟読する暇はない。なんの本だったか忘れたが、その本の言いたいことは10%ぐらいだと聞いたことがある。即効果がありそうなところから呼んで見る。全部隅から隅まで読もうと思わないのはKindle Unlimitedだとどうせ月額定額だからと割り切れるから。

「部下に答えを教えるなかれ」  お!

「教えないどころか意地悪してみた」 え!

「威厳はなくて構わない」   ん!

「部下のモチベーションをあげようとするなかれ」  え!

「やっぱり部下に答えを教えるなかれ」  またか!

 

なかなかキャッチーな見出しをつけるではないか。こういうところは同じ執筆家として見習わないといけない。

 

「部下に答えを教えるなかれ」

これは私も日頃心がけているのだが、相談されて答えを教えるよりもどうやったら解決できるか、考え方とか調べ方を教えるようにしている。その前に「どうしたら良いと思っているの?」と聞かないと行けないと思っているのだが、ついつい自分だったらまずこんな視点で考えてみるかなぁと、半分答えを言ってしまってから「あ!言い過ぎた!」と思って反省するのである。

ただ、この本を呼んでみたらもっと酷いと思った。教えないってそこまでやるのねと思った!あんまり書いてしまうとネタバレになるから。これは使えそうだ。メモメモ。

 

「教えないどころか意地悪してみた」

え!って思った。流石に意地悪までは今までやったこと無いぞ。このハラスメントにうるさい時代にイジメみたいなことをしたらどうなるかわからんぞ。ちょっと自分ではやり方が思いつかなかったので、本を読む。・・・・・

 なるほど、わざと間違えて答えそうな質問をしてみるということか。。これも使えそうだな。自分の研修メニューに組み込んでおこう。

 

「威厳はなくて構わない」

これは無理かも。だって威厳あるもん! 身長180だし、顔デカイし。昔は「松本さんは顔が笑っているけど目が殺しに来てる!」って言われたこともあるし。・・・・

恐怖で脅して部下を動かすなということか。まあ、今は丸くなっているし役職にもついていないから、それほど恐ろしい顔はしていない自信がある。威厳のある無しは気にしなくてよいだろう。

 

「部下のモチベーションをあげようとするなかれ」

いやいや、流石にこれは違うでしょ。今までモチベーション上げるためにいろいろ本を読んできたよ。「人を動かす」シリーズなんか全部買ったし、鬼速PDCAもモチベーション上がるし、最近は「メルロビンスの5秒の法則」流行ってるでしょ!。今までもどうやったら部下のモチベーションを上げられるかいろいろ考えてきたのに!・・・・

部下のモチベーションをあげようとするのは新人上司に多い間違いだ!

ん! 40過ぎたおっさん捕まえて新人上司呼ばわりか!

これはモチベーションをあげようとするのではなく、モチベーションを下げないようにしろと言うことらしい。そう言われてみると自分も今年転職してやるぞーって気になっているし、新人達もやる気を持って入社してくるに違いない。そのやる気をくじくような事をしないように注意しようと思った。

 

「やっぱり部下に答えを教えるなかれ」

 このキャッチコピー相当気にいっているか、それとも重要なことなのか。別の章でもまた出てきた。とことん答えは教えるなと言うことらしい。

 

 

しかし最近の若い人は優秀な人が多いからな。新人研修までに教官自主練がんばろう。そう言えばうちのオフィス、3人も座る余裕ないんだけどどうするんだろう?と思って聞きに行ったら

「あ!、3人共福山支店で研修やるからしばらく通ってねw」

おいおいおいおーい

あんまりでかい声では言えないが通勤時間が5分というところに惹かれて入社したのよ。しばらくは我慢するしか無いか。。

(;´д`)トホホ…

 

 続きを以下の記事にしまいした。もしよかったら御覧ください。

www.norick-matsumoto.com