中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

菅原道真公を訪ねて太宰府に行き出世しすぎると危険だということに気付き、かと言って中間管理職には転生してもなりたくないの巻

目からウロコのプレゼンテーション大会については下記記事を御覧ください。

1回目 プレゼン大会への出場決まる

2回目 資料提出前日に事前チェックをやるからwって言われる 

3回目 地区予選通過!

 

福岡でプレゼンテーション大会があった後の打ち上げの飲み会で、

(私)--明日はちょっと観光した帰ろうと思うんですけどどこか福岡でオススメのスポットありますか?
と聞いたら福岡出身の人たちが困り顔で言っていた。
(相手)--朝からですよね?
と聞かれたので今夜は泊まりであり当然翌朝からの観光を想定している。
(相手)--今からだったらいろいろあるんですけど。。。いきますか?٩(♡ε♡ )۶
すでに23時である。そこは丁重にお断りし、
(私)--いや夜の街とかではなくて、普通に観光スポットないでしょうか?

と言ったらみんな困り果てたのである。どうも福岡といえば博多ラーメンや屋台とか夜の観光スポットはそれなりにあるそうなのだが、昼からとなると思いつかないらしい。しかも電車でいけるところでお願いしたのでなかなか出てこなかった。

(相手)--下関はどうですか?

却下である。すでに山口県になっている。すると福岡出身の女性が
「太宰府とかはどうでしょうか?」
と言ったのである。それええやん!よくよく聞くとその女性は大宰府に住んでいるとのことだ。早く言ってくれればいいのに。まさか私が大宰府に行ったついでに押しかけられると警戒したのだろうか。その可能性は無きにしもあらずだ。

 

 大宰府といえば菅原道真公なのは皆さんご存知だろうが、私も行くに当たりちょっと調べてみた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/菅原道真

23歳 正六位下・下野権少掾
26歳 正六位上
30歳 従五位下・兵部少輔ついで民部少輔
32歳 従五位上
39歳 従五位上(たぶん)・讃岐守
44歳 従五位上(たぶん)・蔵人頭
45歳 従四位下
46歳 従四位下・参議兼式部大輔
48歳 従三位 ・権中納言
50歳 位階不明(正三位にあがったか?)・権大納言兼右近衛大将
52歳 権大納言兼右近衛大将
54歳 右大臣

 

下積みから右大臣にまで昇進しているのである。平安時代のことだから54歳まで第一線で働らくのも大変であったことは想像に難くない。健康あっての昇進であったのだろう。しかし正六位下という位階はあまり聞いたことがない。従五位下で江戸時代だと数万石の大名の官位になっていたから、さらにその下の下となると小規模大名の家老クラスというイメージであろうか。そこから右大臣にまでなったというとあまり比較できる人は思いつかない。

 

源頼朝  正二位・権大納言 なので道真の方が官位は上。
足利高氏 正二位・権大納言 なので道真の方が官位は上。
織田信長 正二位・右大臣  信長級ということか。
豊臣秀吉 従一位・関白、太政大臣 道真超え
徳川家康 従一位・太政大臣 道真超え

 

学者から右大臣になった歴史の支配者を見ると、農民から上り詰めた豊臣秀吉ぐらいだろう。道真は出世しすぎたせいで周りから妬まれ大宰府に流されることになった。私も東京で出世しすぎて妬まれ岡山に流れ着いた・・・・というわけではまったくない。
しかし今の会社では私は外様であり譜代の家臣たちからすると、今後私が出世してしまうと面白くない人もいるだろう。余計な心配かもしれないが、注意する必要がある。中間管理職になるのも懲り懲りなので別のキャリア形成を考えなければ行けないのだが、最近気になっている役職名がある「エバンジェリスト」


https://jinjibu.jp/keyword/detl/706/
「エバンジェリスト」とは、IT業界で注目されている新しい職種、あるいはその役割を担う専門人材のことで、高度化・複雑化が進むIT環境のトレンドや最新テクノロジーをユーザーに向けて分かりやすく解説し、啓蒙を図るのが主な任務です。 エバンジェリスト(evangelist)の原義は、キリスト教の「伝道者」の意。2015/03/23

 


なんかかっこええやん!

フランシスコ・ザビエルと同じ職種ってことね。しかし、最新テクノロジーのトレンドを説明すると言ってもなかなか難しそうだ。AI・IoT・RPA。

RPAは仕事で形になりかけている。

 

 それはそうと大宰府に行った時に子供時代の菅原道真公が主人公の漫画「応天の門」の展示コーナーがあった。

f:id:norihiko_matsumoto:20190429205015p:plain

応天の門とコラボした太宰府の展示コーナー

最近読んでいる漫画は「空母いぶき」しかなかったのだが、気になったので一巻だけ買ってみた。たしかにおもしろいのだが、ずっと買い続けるほどの漫画かと言われれば微妙である。やはり道真公のように漢文書物を読むほうがよいだろうか。

 

全然本職と関係ないが動画作成にちょっとハマりだした。姪っ子たちが遊びに来るから動画にとって上げるつもり。

 


菅原道真公を訪ねて大宰府に