ノリックのIT生産性向上、ライフハック、プロマネのお仕事備忘録

IT系の仕事の事とか役立つツールとかプロジェクトマネジメントの事とかを記載していきます。

マイクロソフトがコーディングしなくても機械学習できるツールを出してくれたので、時間短縮できるなと思ったらそんなに甘くはなかった。

jp.techcrunch.com

 Pythonの学習で四苦八苦している、というかSeleniumでフレーム分割しているページのスクレイピングがうまくいかずと言ったほうが正確なのだが、とにかく私には朗報に思えた。とりあえず機械学習の知識ゼロの状態だったけど、無料である。しかも母が体調を壊してせっかくの10連休どこにも出かけられないし、写真機材のセットアップも終わっていしまい、ちょー暇状態ということでもあるということも幸いして試してみることにした。

 

1.環境を作る

最近、自己投資をやりすぎているので無料とはありがたい。プレビュー版にもかかわらず、丁寧な説明が以下のURLにある。

https://docs.microsoft.com/en-us/azure/machine-learning/service/how-to-create-portal-experiments

Azureのアカウントを作成し、ワークスペースの作成に取り掛かる。

f:id:norihiko_matsumoto:20190506171632p:plain

機械学習用のワークスペースを作る

f:id:norihiko_matsumoto:20190506172026p:plain

しばらく待っていたらできた。

5分ぐらいは待っただろうか。一番スペックが低いマシンを選択したせいかもしれない。

 

f:id:norihiko_matsumoto:20190506172314p:plain

とりあえず学習を始める

f:id:norihiko_matsumoto:20190506173020p:plain

環境名を適当に入力、IDが勝手に振られたのでモザイクに

 

でここで学習するために読み込ませるデータが必要になる。9719SCSKの2018年株価データを使用することにした。以下から取得できる。

kabuoji3.com

 

で、最初に読み込ませたらうまく動かず。よくよくCSVファイルを見るとヘッダー行が2行あるのでこれがだめなのだろうと思って1行目を削除してリトライ。今度はファイルが読み込まれたものの列名が文字化けしてしまった。ヘッダーの列名を英字に変えて再度挑戦するとうまくいった。

 

f:id:norihiko_matsumoto:20190506181012p:plain

パラメータを指定する

 株価の予測をしたいので

・Prediction TaskはForecasting

・予想したいCSVの列は調整後株価(Target column)

・日付が入っている列名を指定

・Forecast Horizon(予測期間)なのでDailyじゃなくて100(日)とした

スタートボタンを押す。

 

遅い! 機械学習ってこんなに時間がかかるものなのか、選択したマシンのスペックが悪すぎたのかは不明だが、ビリー・ザ・ブートキャンプを30分やってもまだ終わらないから犬の散歩にでかけて20分ほどして戻ったらいくつかの予測モデルの計算が終わっていた。なるほど! 計算を24種類もしていたから遅かったのね。

f:id:norihiko_matsumoto:20190506182607p:plain

出てきたチャート

なんかすごそうなチャートが出てきたんだけど、見方が全然わからない。機械学習の方法論とか理解していないとだめか。チャートで右上にプロットされているのが一番上にリストされているからこれが良かったってことかな?リンクをクリックすると株価の予測結果を見ることができた。

f:id:norihiko_matsumoto:20190506182812p:plain

機械学習による株価予想の結果・・・

どうも当たり障りのない予想にしか見えない。機械学習の凄さを体感するには至らなかった。

 

話題のVisualツール

元記事にも載っていたけど、プログラミングしなくてもアルゴリズム組めるってBRMS(ビジネスルールマネジメントシステム)みたいにプログラミングしなくても業務プロセスが変わったら柔軟にシステムを変更できますよ!っていうのに似たものかなと思ったら、やっぱりだった。この手のやつはツールが簡単に見えるけど、結構なれが必要ですって前の会社のセミナーでも言っていたな。

tech.nikkeibp.co.jp

実際にBRMS使った案件で訴訟沙汰にもなっているし。

 

f:id:norihiko_matsumoto:20190506183836p:plain

とりあえずツールを起動してみる

f:id:norihiko_matsumoto:20190506183947p:plain

いくつかサンプルがある

株価予想だからサンプル1で良いかと思って開けてみた。

f:id:norihiko_matsumoto:20190506184500p:plain

むずかしい!

なんかわかりそうでわからない。Data Input、output や Data Transformationはいいとして、Machine Learningのところの箱の意味がぜんぜんわからんぞ。

これでは社内でデモしてAIやっていきましょうよなんて説明できないな。もうちょっと機械学習の本を読めばわかるのか。。とおもって元記事のはてブコメントみていたら、GoogleのAutoMLのほうが簡単だよってコメントしている人がいた。今度はそちらを試してみよう。

 

エバンジェリストへの道は遠いわ orz