ノリックのIT生産性向上、ライフハック、プロマネのお仕事備忘録

IT系の仕事の事とか役立つツールとかプロジェクトマネジメントの事とかを記載していきます。

最近自撮りの角度に注意するようにして、自信をつけている時にそれを否定されても起き上がる勇気

 写メというものが世間で流行りだしてから私はほとんど自撮り行為というのをしては来なかった。なんでそんなことをするのかJKたちの気が知れない、いや、本当は知りたいのだがそれから目を背けてきたかもしれない。前の会社ではクタクタのTシャツに学生のときから使っているジーパンで通していた。ドンキホーテで売っている一着300円のTシャツを5着買えば週末に洗濯するだけで良い。髪の毛はまた今日も後ろの髪の毛はねてますよと注意されていた。私はくせ毛なのでどうしても寝癖が付きやすい。ただ、ITの仕事をしているんだから髪の毛がはねていようが、見た目はどうでも良かった。仕事ができればそれで良いんだろうと思っていた。スティーブ・ジョブスだって、いっつも変なジーパンと謎の黒スェットか黒Tシャツだ。しかし人は見た目が9割という本がずっと気になっていた。本屋や図書館でその本を見かけては、見た目だけじゃないさと心では思いながらもひょっとしたら見た目大事だけど今更どうにもならんよなと諦めていたのかもしれない。

f:id:norihiko_matsumoto:20190605203952p:plain

ネットでよくコピペされている見た目の重要性を説く画像

 

 そんな私だったが、転職活動をする時にさすがにスーツは必要だろうと思い、5年ぶりぐらいにクローゼットにしまっておいたスーツを取り出した。5年前は体重73キロでその時は体重が85キロぐらいになっていただろうか。全然入らない。念の為転職エージェントに確認したが、転職活動をするときには当然スーツが必要ですと言われた。いや!でもスティーブ・ジョブスはジーパンに黒Tシャツなのだが・・・と思ったが私はスティーブほど仕事ができるわけではないので自重した。

 

 転職活動のために久しぶりにスーツを買い袖を通してみると鏡に写った私はなかなか凛々しい感じである。うむ、こうなったら履歴書の写真も良いやつにしようと思い、カメラのキタムラに行って、少々値は張るがプロカメラマンに証明写真をお願いすることにした。出来上がりには満足である。駅にある自動証明写真機よりは凛々しい姿で写っているはずだ。そのカメラマンさんのおかげかどうかはわからないが無事に転職活動に成功し今の会社に務めることが出来ている。見た目を気にしない私が見た目に拘った結果、無事に転職できたのだろうか?見た目じゃねえだろ!仕事の結果が全てだろう!って思っていたくせに見た目を良くしたほうが転職しやすいと転職本に書いてあったことを実践した私はふと思う。転職活動も髪の毛がはねた状態でジーパンとTシャツでやってみたら成功できたのだろうか。それでもし転職活動に成功していたら武勇伝が一つ出来たのだが、今となってはもう遅い。

 

 転職先の今の会社はスーツで通勤している。髪の毛がはねてないかもチェックして出勤する。習慣とは恐ろしいものでそうやっていると顔写真を出さないといけない時、ちょっといい感じで取れないかと試行錯誤してしまうのだ。自撮りなんか今までほとんどしたことのない私が一番いけている角度を探しに探してたどり着いた角度が以下の写真である。

 

f:id:norihiko_matsumoto:20190605213143p:plain

渾身の自撮り

PhotoShopExpressで盛っている点についてはご容赦いただきたい。ん?これで盛っているのか?それも禁句である。今度のプレゼン全国大会でプレゼンターの紹介一覧をつくるから写真を送ってくれという事務局からの要請であった。

 

 そしたら翌日思わぬメールの返信に意表を突かれた。

 

松本さんから送っていただいた写真ですが、今度のプレゼン大会の決勝戦で審査員の方々にお見せするためにご用意頂いています。この斜めからの写真は適当ではないため、正面から撮影した写真を送ってください。

追伸 見本を添付します。 

 

ふぁ!?

いやいや、目的考えたら何ら問題ないでしょう。しかもよく見たら見本の写真の人も知っている人だが、体は斜にかまえて顔が正面を向いているという写真である。私が送った写真も斜にかまえているが、顔の角度がそんなに問題なのか?そう疑問に思ったが、私も血気盛んな年でもない。もう十年若かったら変な写真を送ってたと思うが、相手は親会社の人である。素直にしたがって正面からの画像を送ることにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ ぐりぐりうごかせるよw 

自分がいいと思ったものが相手に否定されるとちょっと凹む。でも前向きに捉えてちょっとだけでもポジティブに考えて一歩踏み出してみる。すると、道が開ける事がある。そんなことをブログ友達の記事を見ていて教えられたのである。

 

www.shiho196123.net

 

 

自撮りについて使っているアプリPSExpressのことを書きましたもしよかったらご覧ください。

 

www.norick-matsumoto.com