中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

自分の強みがわかった人に、抽象的な強みを具体化して人生戦略に反映すればもっとイキイキ生きれるぞ

前回記事で自己分析テストを受けてみて自分でもちょっと意外な結果になったと思いつつ、じゃあ強みを更に磨いて今後の人生100年時代をどうやって行きていけばよいのかこの週末にじっくり考えて見た。 

www.norick-matsumoto.com

 

 自分の強み

自分の強みを活かすということは、自分が最高の人生を過ごすのに役立ち、多くの利益をもたらすはずだ。以下の5つが私の強みだそうなのだが、これらを活かすために自分の人生戦略をどうすれば良いのだろうか?

  1. 好奇心
  2. ソーシャルインテリジェンス
  3. 学習
  4. チームワーク
  5. 感謝

Greenさんからあなたの強みはユーモアです!とコメント頂きましたが、割愛しますw

 

1.好奇心

好奇心 - Wikipedia

物事を探求しようとする根源的な心。自発的な調査・学習や物事の本質を研究するといった知的活動の根源となる感情を言う。

私はシステムエンジニアとして働いている。よくよく考えるとシステムエンジニアに好奇心があるというのは相性が良いと思う。新しいプロダクト、新しい技術、新しい顧客、新しい問題。技術職の人はみんなそうかもしれないが、そういう課題について探求をしていくのが技術者だから。好奇心をより一層磨けば知識がひろがり、それらを結びつければ新しいアイデアが出てくるかもしれない。

 

と言いつつも現実はそこまでうまく入っておらず、好奇心が色々なところに発散しすぎて、カメラ機材、ドローン(10月発売予定を予約)、釣り、登山、ゴルフ、読書、WEBサービスなど散財しております。目下の最大の懸念点は車を買い替えたい衝動をいかに抑えるか。(Apple Car Playを試してみたい)

システムエンジニアの仕事と関連しそうなカメラ機材、ドローン、読書、WEBサービスぐらいに絞り込んで収入とのバランスを取らないとなぁと思っています。

 

と思っていたら前回やったテストに

Todo list

・海外に出かけよう!

確かに好奇心を伸ばすのには良いかもしれないが、金が~~!!

この週末に考えてわかったことは好奇心に磨きを書けるためには金がいるということ。

 

2.ソーシャルインテリジェンス

アイネット−社会的知性(Social Intelligence−SI or SQ)

人と人との心の結びつきに焦点をあて、人間同士の相互関係の中で社会的能力のことをいいます。
これは他者の感情を共感的に読み取って行動していく能力のことであり、人間関係をうまくやっていく上で欠かせない能力といえます。特にプロジェクトマネジメントにおけるリーダーシップには、SQは必須の能力です。

 

 これが二番目に来るとは意外だった。なぜなら転職活動で同じようなテストを受けた時に転職候補先の役員さんから、

君リーダー向いてないって診断結果に出てるけど本当のところどうなの?

という質問を受けていたからだ。ひょっとしたら私を引っ掛けようとしたのか?今回のテストではリーダーに必要な特性が強みとして出ていたので、一時はメンバーとして生きていったほうが自分には向いているのかと思っていたがやっぱりリーダー向きだったかと一安心したのである。

ということでこれは自分の人生戦略としてプロジェクトマネージャやプログラムマネージャ(複数のプロジェクトをマネジメントする人)、管理職を目指すのが良いと思った。ただ、そういう仕事ってストレスが掛かるので人生100年時代に向けて

体力、心の体力、健康を保っていかないといけない。病気で休むばかりの人にリーダーの仕事はまわってこないからね。

Todo list

友人や兄弟の話に耳を傾ける。反論や準備をしないでシンプルに自分の心にどんな感情が湧くだろうか

 

私の腐れ縁の友人の話をまた聞かないといけないのだろうか。妹が相談があると言ってメールがきたライザップに通って3キロの減量に成功したがリバウンドしているそうである。そういえばGWにあった時に少しふっくらしたような気はしていたが。鬼速PDCAをおしえてやるか。

 

3.学習

学習 - Wikipedia

知識、行動、スキル(能力)、価値観、選考(好き嫌い)を、新しく獲得したり、修正することである。[1] 生理学や心理学においては、経験によって動物(人間を含め)の行動が変容することを指す。繰り返し行う学習を練習(れんしゅう)という。

好奇心と似たところがあるが、だからこそ学習も私の強みとして現れているのだろう。人生100年時代において学習し続けて行くことは大変重要である。最近では中高年のリストラニュースが良く報道されている。「学び直し」が必要だと言われているが、あまり良い言葉ではないと思っている。

 

大学を卒業して勉強が終わりではなく、社会人になってからも「学び続け」ないといけないと思うのである。実際、私が入社した時の入社式で社長講話や先輩システムエンジニアからも事あるごとに技術職は一生勉強しつづけろ!と何度も言われた。社会人になって勉強してないから学び直しが必要なのであり常に学んでいれば恐れるものはない。

Todo list

 知らない土地に旅行に行こう。学ぶための旅行に!

どうも私の強みを伸ばすには旅行が良いようだ。好奇心に続いてまた旅行だ。

 

4.チームワーク

チームワーク - Wikipedia

集団に属しているメンバーが同じ目標を達成するために行う作業、協力、意識、行動など。

ソーシャルインテリジェンスと何が違うのだろうか?チームワークは一人で働くのではなく、文字通りチームで働く。他のチームメンバーの強み・弱みを理解しお互い助け合いながら仕事をする。チームの為に自分を犠牲にすることをいとわない。オール・フォー・ワン、ワン・フォー・オールの精神を基礎とする。

 

たしかにそんなところはあるかもしれない。かつて自己犠牲がひどすぎて体力がつきたのか過労で倒れたことがある。もっとチームメンバーに頼るべきだったのか。この辺の匙加減はよくわからないので、今はなるべく残業をしないというリミットを自分の中で設けている。

Todo list

誰かのために料理を作ろう!

海外では普通にあるのだろうか。手料理を会社に持っていって振る舞うことが。Netflixでそんなシーンを見た気もするが。ちょっと日本ではあまりないことだと思うので、月曜日にみんなに倉敷に旅行(超近所)で買ったお土産を配ろうと思っている。

 

5. 感謝

コトバンク

https://kotobank.jp/word/感謝-470035

 [名](スル)ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。「感謝の心」「深く感謝する」

 誰からか施しを受けた時、何かを手伝ってもらった時、助けてもらった時、自然とありがたいという気持ちになるのではなかろうか。これが強みとして出てきたときには意外だった。ということはこれが出来ない人もいるのだろう。でも感謝の念が強い人はより良い睡眠、良い気分、他人との絆が得られるだろう。感謝を表すのが恥ずかしいという人は体で表現してはどうだろうか。

気持ちが行動に出るのではなく、行動するから気持ちが動くそうだ。

www.shiho196123.net

 

Todo list

「ありがとう」と言わないで感謝の気持ちを表そう。例えば君の助言のおかげで命拾いしたよ! とか

 これは簡単そうだ。明日にでもやってみよう。

 

感想

20ドルした自己分析のレポートだが、英語だったということもあり週末に考えを巡らせながら読んでためになったと思う。これなら55ドルの上位レポートを買っても良いかもなと思えた。よく見ると55ドルのレポートは日本語でも提供されている。

orz

 

f:id:norihiko_matsumoto:20190707204414p:plain

アルバート・アインシュタイン

 自分の強みに磨きを書けるために旅に出てみました。もしよければ以下の記事を御覧ください。

www.norick-matsumoto.com