ノリックのIT生産性向上、ライフハック、プロマネのお仕事備忘録

IT系の仕事の事とか役立つツールとかプロジェクトマネジメントの事とかを記載していきます。

MAZDA3 ほしいけど拭いきれないマツコネへの不信感

 せんじつリコール対応と車検で岡山のマツダディーラーを訪問。そのときにはなかったのだが、縁石でタイヤを擦ってしまいパンクの危険があったため再びディーラーを訪問すると新型MazdaⅢが展示されていた。ネットの画像ではいまいちかなと思っていたのだが、なんかかっこよくなっているきがする。

f:id:norihiko_matsumoto:20190608212617p:plain

ディーラーに展示してあったMAZDA3

 先日渡しの友人が試乗してきたそうなのだが、最新型CX-5のモニターよりも更にインチアップしているとのことである。ただ、モニターの大きさが大きければよいというものではない。ソフトが重要だ。私が乗っているのは2013年型のアクセラディーゼルなのだが、発売当初は進化するカーナビとしてに宣伝され、それを鵜呑みにした私はこりゃスゲーのが出てきたじゃねえか、しかもIphone直結できるってすごくねえかとマツダコネクト使いたさにアクセラに買い換えたのであった。

 ところが使っていみるとナビの性能が最悪で、高速道路を走っているのに一般道を走ったり、その逆に一般道を走っているのに高速道路を走っていたりとまさに買ってすぐの頃はナンジャコレ状態である。進化するカーナビと行っておきながらかって6年が経つが何も大した機能追加がされていない。ちょっと嬉しいと思ったのは2年ほど前のバージョンアップでやっとラジオの局名が表示される様になったことである。一番ひどかった事件は上司と一緒に千葉の大原に釣りに行く時に京葉道路を走っていたら途中、成田方面に行くようにマツコネが指示をして

(上司)

ん? 方向違うんじゃねえの?

 

(私)

いや、マツダコネクトが成田方面に向かえと言っていますからきっと新しい道ができたんですよ。

 

と無邪気にもマツコネの案内に従って運転を続けた。成田方向にIC(インターチェンジ)を3つか4つ過ぎた辺だろうか。突然高速を降りろというマツコネ。はてな?とは思ったが指示通りに高速道路のICで降りる。

・右に曲がれというマツコネ。

・更に右に曲がれというマツコネ。そっちに行くとさっき出たICに入るのだが?

・ICに入れというマツコネ。

・先ほど来た道を戻れというマツコネ。

 

1時間ほどの時間ロスである。釣り船にはなんとか間に合ったもののマツコネには上司の前で恥をかかされてディーラーにちょっとナビがおかしい。GPSアンテナでも壊れているのではないか?とチェックしてもらったのだが、壊れていないとのこと。どうやら他のユーザーさんからもマツコネに対する苦情が殺到しているようだ。

 

(ディーラーの人)

本当にマツコネにはうちも困っております。マツダにはきつく申し入れしてありますので一緒にこの困難を乗り越えていきましょう!

 

 いや、わけがわからない。顧客側の立場に立って一緒にマツダに文句を言うマツダディラーの営業マン。そこは君はマツダ側の人間として謝るべきではないのか、と疑問に思ったものの、あぁ、この人もマツコネに困っているだと思うと妙な連帯感がわき、それ以上は言わずその日は帰宅の途についた。

 それから6年ほど経つのだが、全く機能追加されるようなこともなくマツコネには将来性はねえな。次はスバル車にするかと思っていたわけである。マツダ自身も自分達にカーナビを作るスキルはないと判断したのであろうか。最近の新型からApple Car Playに対応をしてきている。マツコネは進化しないがApple Car Playだったら進化するでしょ!そうならマツコネのことは気にせず購入に踏み切れるのである。最新型CX-5に乗っている友人曰く、マツダコネクトのカーナビを買ったが、結局はAppleのナビを使用してるとのことである。Siriからの呼び出しで目的地を設定できるので、マツコネのナビは全然使わなくなってしまったとのこと。登場当初は物議を醸したAppleのMapアプリもそこそこ良くなってきているように私も思う。

  ただ、マツコネの地図が準天衛星みちびきに対応しているのだ。これはApple CarPlayにのっているマップでも対応しているのかどうか気になるところだが、対応していないという懸念がある。そうするとせっかくみちびき対応したGPS性能を使うことがなくなるのでやっぱりマツコネの地図は買ったほうが良いのだろうか。悩ましい問題である。

マツコネ以外の気になるエンジン

 今はディーゼルエンジンに乗っているのだが、岡山に引っ越してからというもの短距離移動が中心になり、ディーゼルエンジンが活躍する高速道呂での力強い加速感の恩恵はほとんど得ていない。1速、2速は立ち上がりが遅いため通勤メインの場合はちょっとイマイチやなと思っている今日このごろである。たまに高速も走ってやらないとススが溜まってしまうのでメンテナンスにも気を使わないといけない。それでよくわからないのがMAZDA3に搭載しているディーゼルエンジンが2.2Lから1.8Lにサイズダウンしている点だ。サイズダウンしても性能が変わらないのなら文句はないが、スペック表を見ると馬力、トルクともに大幅ダウンである。これはねえなと思い、そうすると新型エンジンのSky-Active X という謎エンジンに期待するしかなくなるのである。

https://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/mazda3/common/pdf/mazda3_specification_201905.pdf

 

2.2L ディーゼル

最高出力 175ps(129kW)/4500rpm
最大トルク 42.8kg・m(420N・m)/2000rpm

 

Sky-Active X

最大出力 :180ps(132kW)/6000rpm

最大トルク :224Nm/3000rpm

 

正直言って微妙なところである。低速や高回転での伸び次第という気もするが試乗してみてからにするかなといったところである。

 

Apple Car Play

 Apple Car Playについて調べてみるとそれほど良い評価は聞かない。電話は普通に今のマツコネでも運転中にできるし、iphoneに入れた音楽をきくのも今のマツコネでできる。じゃあ、Apple Car Playだったら何が追加できるのかというとマップの検索した結果をそのままナビに反映する事ができるというぐらいかもしれない。

 あと、私が密かに期待しているのはラジオアプリなのだが、一番聞きたいTBS ラジオクラウドが対応していない。無念。互換アプリがあるのでそれで我慢するか。クラウドベースのファイル共有アプリがどれか対応してくれるとありがたい。というのも最近長時間のドライブのときにはKindle読み上げを録音した音声ファイルで読書をドライブ時に聞いている。今はマツコネの画面から操作できないので運転中に別の本を読み上げようと思うと一回停止してからスマホで操作をする必要がある。これがCarPlayで操作できればバッチリなのだが、対応するソフトがiOS13に合わせて増えることをのぞむしかないか。

 

価格

前提条件として

1. エンジンはSky-Active X

2. 雪道は走らないので2WDでいいか

3. エアロパーツがあればつけたがる。

380万ぐらいかな。

 

かねが~~