中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

見ているだけじゃわからない、やってみなきゃわからないことがある。理論はわかっていても出来ないことがある。

来年のプレゼンテーション大会に向けて

 

 プレゼンテーション大会で敗退した私は、いじけてばかりもいられない。来年のプレゼンテーション大会で発表できるような成果を今年中には形にしなければならない。まずは行動することが重要だ。鬼速PDCAで自分がやろうとしていることの作業を分解しようと思っていたら篠原先生のTwitterを思い出した。

 

 自分もPlanがちょっと重厚になりすぎて

「DOしちゃいなよ!!」

の重要性を忘れているのではないかと思った。Planは一旦おいておいてAIの勉強を進める。そうすると友人のAIブログがちょっとだけ理解できるようになってきた。今までは何を言っているのかわけがわからない状態だったのだが、わかったふりをしていたことはこの場を借りて謝罪しておきたい。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」

後輩にはよく言っているくせに自分の事となるとこのザマ~す。

 

wp.mak-design.net

 

 やっぱりまずは行動するって大事だなと思っていたら、熱い男「ナオキ・ニシガキ」はDoしまくっていた。 会社員をしていると隣の芝生が青く見えるものだが、普通の人間は指を加えてそれを見るだけである。ところが、「ナオキ・ニシガキ」は隣の芝生が青く見えたので行ってみてやってみる行動力がある。詳しくは下記ブログ記事を読んでほしい。わたしも定年後は畑でも耕しながら自給自足の生活をすれば、最悪65歳以降働き口が無くてもなんとかなるかと考えていたが、農業なめんなとナオキ・ニシガキが行っている。75歳を過ぎても田んぼ畑をやり続けているおじさんと先日なくなった81歳のイノシシと戦いながら畑を守っていたおじさんの大変さが改めて身にしみた。IT畑の私も来年の収穫に向けていまから耕さなければならない。

www.naoki-nishigaki-dokuritsu.com

 

 今年のプレゼンテーション大会を振り返って

 プレゼンテーションの大会で上位にはいった人はどん底に落ちてからの大成功というプレゼンパターンだったように思う。

  • 新入社員として営業に配属されてから2年間受注ゼロだったけど3年目であることに気づき初受注までを語るサクセスストーリー
  • RPAの営業をしていてコンペでことごとく負けていたけど、あることに気づいてそれから受注取れまくり!
  • 新人が入社3年間で離職する確率が5割を超えていた。教職員の免許を活かして新人たちのやる気を上げてここ数年間は離職率ゼロになった!

人間というのはどん底からの復活劇というのにやはりひかれるのだろう。映画やアニメでも必ずピンチのときがあるものだ。無双プレイをしているのは、なろう系転生アニメかワンパンマンぐらいではないかと思う。

そう考えるともはやベテランの域に達している私がとんでもねえミスをやらかしてそこからの復活劇を来年プレゼンしたら

「いい年こいて何いってんのこのおっさん!あんたの年でそんな失敗していたらだめでしょ!はい、論破!」

と言われるのは想像に難くない。

 

来年に向かっての戦略

 そういうわけで私が大きくミスをするということは出来ないが、誰かに大きなミスをしてもらう事が良いのではないかと思い始めた。そしてさっそうと現れた私がその人を救う。そんなストーリーが良いのではないかと思う。

  あともう一つ問題になるのはネタかぶりである。

「働き方改革」

「RPA」

「営業戦略」

これらについてはいろいろな人がプレゼンテーマにしていた。RPAなんか一番かぶりがひどかった。まあ、はっきり言ってRPAは簡単に始めることができて成果の出やすい分野だと思う。それでプレゼンテーマとしてもかぶってしまったのだろうが、誰も話さないオンリーワンの領域を目指す必要がある。

 そこで考えたストーリーが以下である。

 

疲弊する地方の中小企業。銀行からは貸し剥がしにあい、外国製の低価格製品に押され売上は減る一方。元請けからは値下げ要求。

「工場もう閉めよっか」

となった時に

 

ちょっと待ったー

さっそうと現れる私、

「その課題、AIを使えば問題は解決です!」

 

と、やっぱりプランばかり語ってしまう私であった。イメトレは重要だけど妄想は程々にしとこう。

 

さて、AIの勉強に戻ります。ノシ

f:id:norihiko_matsumoto:20190618223006p:plain

スーザン・ゴードンの名言

 

 

ストーリーとしての競争戦略 ?優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

ストーリーとしての競争戦略 ?優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)