中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

ブログやTwitterの読者が増えない人へ、せめて同じ会社や業界の人には読まれるようになりたいブログ読者、Twitterフォローワーを増やす方法

 ブログをやっている目的、ブログ友達のあきばさんからのツイッターで10000アクセスあるのに、広告収益はそうでもないという話が。

 

 自分はお金儲けのブログ運営と言うよりは自分磨きのブログ運営と思ってやっているのだ!と言いつつやっぱりもう少しいろんな人に読んでもらえるともっと多くのフィードバックをもらえたり、その人の役に立つことができればこれにまさる喜びはないのでそういう意味ではもっと色々な人にアクセスしてほしいなと思っている。特に同じ会社の人や同じ業界の人、お客様などに私のブログを読んでもらえれば自分をもっと知ってもらえるのにという自己承認欲求がうずくのである。褒められて伸びるタイプですから。

 

有名人でも大変

 

ヒゲの隊長こと佐藤まさひささん。国会議員で有名人なのになかなかビラを受け取ってもらえない。そりゃ私が会社で自分のツイッターアカウントを宣伝したり、プレゼン大会で宣伝したりしても見てくれる人が皆無というのもうなずける。有名人でもこんなだから一般人の私なんかはもっと工夫がいるのではないかと決意を固めた。

 

作戦1 会社の名刺に勝手にツイッターアカウント、HPを掲載

 ビジネスパーソンなので名刺交換の機会は多い。入社して半年以上経つので最初にもらった名刺がなくなってきたので追加発注をしようと思った。そこで名刺に自分のツイッターアカウントとブログのアドレス乗っければええんじゃねえ?と思い、お願いしてみたらあっさり却下。先日プレゼン大会で名刺をいろいろな会社の人と交換したが、似顔絵をのせている名刺や、一面その人の写真が載っている名刺などがあった。もっと私の名刺にも個性が欲しい。

 そういえば伝説の営業マンの話でよく手書きでお礼状をかいて、いまどき電子メールで挨拶を済ませることが多いので逆に目立って感動を与えられるという話を聞いたことがある。

それや!

私の中でアイデアが弾けた!

手書きでツイッターアカウントとブログのアドレスを載せればええんや!

 

f:id:norihiko_matsumoto:20190627204954p:plain

いかがだろうか? 印刷された会社のHPアドレスより明らかに、この名刺をもらった人は 

ん?なんだこれ?

とツイッターアカウントとHPアドレスに突っ込まざるを得ないのではないか?少し心配なのがツイッターアイコンが若干わかりづらいという点だろうか。これはこの後100枚の名刺に書き込むことで上達するのではと思っている。そして大量印刷時代にあえて手書きで挑むというこの心意気を買わないやつが居るだろうか?

 

作戦2 HPのデザインをちょっと見直し

 はてなブログ以外のブログを読む場合にFeedlyを使用しているのだが、周りの人に話を聞くとFeedlyを使っている人が結構いたので、Feedlyアイコンを付けてみた。ただそれだけ。ちょっとこれはインパクトが弱い。

 いままで人気ブログランキングへは登録していたのだが、ほとんど放置状態だったのでちゃんと一日一回はクリックしようかな。週末にでもクリックマクロ作ろうかなと思っている。追加で日本ブログ村にも登録。しかしこれもインパクトが弱い。みんながやっていそうなことだ。

 

作戦3 10年ぶりにフェイスブックを再開しようか。

 何かとお偉いさんの良いね!要求が強かったため、いつのまにかごぶさたしてしまったフェイスブック。リアルの知人が多いという意味ではこれにまさるSNSはないだろう。一つ断っておきたいのは私がフェイスブックが始めるという仮想通貨「Libla」で一山当ててやろうと目論んでいるというよこしまな心を持っていないことだけはきっぱりと断言しておきたい。あくまでも私のブログ活動を世のため人のために広めたいという思いから出ている良心からの行動である。

 しかしご無沙汰している人たちが多いのでフェイスブックを再開するのは正直気が重いのだが、久しぶりに友人に会うぐらいの気持ちでやってみようと思う。

作戦4 ・・・・まだ思いつかない

f:id:norihiko_matsumoto:20190627204718p:plain

 

 2019/6/28(金)追記

あきばさんからツイッターで、

 

メールの署名に載せればいいのでは?

 

という素晴らしいアイデアを頂いた。というわけでメールの署名にも追加することで拡散力がますます上がるはずである。