中小企業で生きていくシステムエンジニアが考えるライフハック・ITツール・投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上をノリックが考える

中小企業で働くシステムエンジニアがライフハック、ツール、投資、人生100年を生き抜く人生戦略、生産性向上を語ります

自分の強みが何かわからない人、自分の強みが分かればそれだけに集中すれば良い。~敵を知り己を知らば百戦危うからず~

www.yupilog.com

 

 購読させてもらっているゆぴログさんの記事みて前からステレングスファインダーがに気になっていたので受けてみることにした。受け方についてはゆぴログさんの記事を御覧ください。

 

 

転職活動の時に言われた自分の思わぬ一面

 転職活動をしていてある会社でSPI試験をうけたの。それで役員面接の時にその時の試験結果を教えてもらったんだけど

 

(面接役員)

松本さんね、プロジェクトマネージャーとかシステムエンジニアを束ねるリーダーやってきたってキャリアシートに書いているけど、性格診断の結果を見ると一人でコツコツ作業をするのが好きなタイプみたいなの。リーダーとかじゃなくて、心当たりあります?

 

この質問は私のキャリアシートに嘘があると疑われているのだろうか?ある時から大規模プロジェクトに関わるようになって否応なしにリーダー役や管理職をやっていたが、そういえば上司には君は組織の力を最大化する能力が低いとか、部下からは独裁者的な上司とか散々言われていたので

 

(ノリック)

そう言われてみると思いあたりますねw。上司や部下からもそんな事言われてましたよ。私も売り言葉に買い言葉でそれなら結構、いつでも平社員になりますよ。

 

と言っていたのだが、お前の腕を振るうには課長程度の肩書があったほうがやりやすいはずだと見透かしたように言う部長に反抗し円満解決型のリーダーになっていった。それも面接で包み隠さず話したら場が盛り上がりがっちり握手を交わして内定をいただいたが、散々盛り上がっていながらその会社の内定を辞退してしまったことは申し訳ないと思っている。

 

せっかくなので有料レポートを買ってみる

 30分ほどで試験が終わって簡単なレポートが表示された。無料でも簡単なレポートが表示されるが、せっかくなので20ドル払って有料レポートを買ってみた。もともとのWEBサイトの日本語がかなり怪しかったので心配したが案の定レポートは英語だった。

 

f:id:norihiko_matsumoto:20190704214834p:plain

有料レポート

 

まあ、Google翻訳さんの力を借りればなんとかなるレベルである。

しかしテストを受けてみて思うのだが、自分の強みが

  1. 好奇心
  2. ソーシャルインテリジェンス
  3. 学習
  4. チームワーク
  5. 感謝

となっている。最下位は44歳で独身というのが災いしたのか愛が最下位だ。ストレングスファインダーって自分の強みにフォーカスして人生を切り開くという戦略なのかと思っていたらレポートには以下のようにかいてあった。

 

As you go through these pages, it is important to remember that you have the capacity to express and develop all of the 24 strengths discussed in this report. In a nutshell, all strengths are important – they all matter – 

私の超意訳によると 

24個の要素全部大事ですから! 

と言っているように読めるのだが。。

英語のレポートで全部で22ページあるので週末にでも解析してみよう。と思いつつ、強みの3位に学習があるのにいまだに英語が読めないのは勉強が続かないんだよなと反省し、この強みの分析があっているのか気になるのであった。

 

ソーシャルインテリジェンスとは?

好奇心とほぼ同じ点数でソーシャルインテリジェンスが自分の強みらしいのだが、恥ずかしながらソーシャルインテリジェンスとはなんのことなのかさっぱりわからん。

ぐぐってみると以下のとおり書いてあった。

 http://www.e-ainet.com/SocialIntelligence.htm

2.社会的知性の定義

人々を理解し、管理する能力。(1920年Edward Thorndike)

人間関係において賢く行動する能力。

人間関係において高い知性を発揮する能力。

人間が他者との関係において発揮する能力。

他人との関係をうまくやり、他人の協力を得る能力。

人と人が個人の枠を超えて相互に作用し合う場合にどんなことが起こるかを理解し、自他共に利益を得るにはどうしたらよいかを考えることができる能力。

社会という環境にうまく適応し、生き残っていくための能力。

 

今まで全然気にしたことなかったが、ソーシャルインテリジェンスの求める能力は幅広く、これらの能力があれば、かなりの人物と言ってよいのではないだろうか。

社長さんや、上場企業の重役、政治家、、、とにかく出来るやつ!ということだ。

ということは帰納法で考えれば私はすげーやつってことになる。

前々から思ってはいたのだが、大器晩成型なのだろう。早くその片鱗でも良いから見せてほしいものである。

 

自分の強みがわかったらどうするか?

 自分の強みがわかったからと言って、漠然と考えるだけではだめだと思う。アクションプランにまで落とし込まないといけないわけだが、でも強みって言うのはすでに出来ているから強みなのであって、それを更に磨けと言われてもどうすれば良いのか途方にくれてしまう。

 

 会社の人が旅行のお土産を買ってきてくれる。みんなありがとうございますとお礼は言っているが、私はそのおみやげがどこのお土産か気になるのだ。

 

(ノリック)

いただきます! どこへ行かれたんですか? 鳥取!。鳥取の銘菓ってあまり聞きませんね。鳥取砂丘と砂場コーヒーぐらいですか?鳥取の銘菓とは珍しい。珍品ですね!

 

ぐらいのことは言うのである。確かに好奇心があるのかもしれないが、これをもっとやれということだろうか?

 

 今の会社でちょっと違和感を覚えるのが、自分にかかってきた電話を誰か別の人がとってくれた時にとってくれた人にお礼を言わずに電話に出ていることだ。

私は自分が忙しくて取れなかった電話を別の人が仕事を中断してとってくれた。用件をメモしてくれた。そうすれば自然とありがとうございます!という言葉が出てきそうなものだが、それが今の職場にはあまりない。

 

代ゼミの先生に言われた事

高校生の時に代々木ゼミナールに通っていた。その時に先生が言っていた。

 

得意科目を90点から95点にするのは難しい。でも苦手科目を50点から80点にするのは簡単だ!だから苦手科目を勉強しろ!

 

ストレングスファンダーを見ているとどうしてもウィークネスの方に目が言ってしまう。これを改善するほうが良いのではないか? でも昨日読んだ人生100年時代の稼ぎ方だとジェネラリストよりはスペシャリストを目指せと書いてある。考えてみれば社会人にとって100点満点というのは無いのではないか。学生のテストと違い200点や
1000点だって狙えるはずである。そうだとしたら自分の強みをもっともっと磨いてチョー尖った人間になることが進むべき道なのかもしれない。

 

2019/07/16追記 55ドル追加して全部のレポートを買ってみた 

55ドル追加すると詳細なレポートと弱みについての分析レポートが更に追加されると言うので買ってみました。結論としては私は買わないほうが良いと思います。Proレポートは正直言って20ドル版とそれほど変わらないどころか、20ドル版の方が為になること書いてます。日本語で提供していると書いてますが、英語版が送られてきました。メールで日本語版をくれとお願いしましたが、返事なし。

 

アップグレードしたから追加レポートだ普通にダウンロード出来ると思ったら、また追加料金を払えといわれる始末。仕方ないのでこれもメールしたら今度は、たまにあるんです。すいません。修正したからもう一回試してみてと言われ試してみたら全然変わっていない。もう良いからメールに添付してくれと言ったらやっとレポートを入手出来ました。しかも入手したレポートは大したこと書いてないの。やられましたね。

 

 自分の強みがわかったらどうするか。具体的な人生戦略について考えました。

 

www.norick-matsumoto.com